HOME現場便り現場便り >直方市 心笑の建てるずっと長持ちなマイホームには訳がある♪

直方市 心笑の建てるずっと長持ちなマイホームには訳がある♪

心笑の屋根下地材(野地板)は杉4分板を使用します。

勿論、

外壁の下地板にも杉4分板!

 

今となっては当たり前!の構造合板(F☆☆☆☆)

 

それって本当に当たり前?

 

国の認可があるとはいえ、合板は合板!

 

接着剤の耐久年数次第!!(国は20年~25年と言っています)

 

屋根材(コロニアル葺き)のメンテナンスを定期的に行う施主様とご縁をいただき、

先日2度目(築20年ほど)となるメンテナンスに伺い現状の報告を

「今回までは塗装直しで行けますが、施工後10年持つ保証はできません

話しをさせて頂きました。

 

構造材は見えない所ほどしっかりとした本物を使用しないと

外見からではその傷み具合はわからないんですよね(;'∀')

 

この辺りから、

近代住宅と心笑の建てる無添加住宅との違いが如実に出てきます(^^♪

 

この機会に是非現場見学にお越しくださいませ。