HOME現場便り現場便り >「床施工」㈱心笑の標準仕様

「床施工」㈱心笑の標準仕様

見えないからこそしっかりと施工します♬

㈱心笑では床断熱材にはエンデバーハウス㈱様のパーフェクトバリア60㎜を使用します。

ポリエステル繊維断熱材でもちろん無害!しかも地球環境にもやさしいエコ素材。

詳しくは次回ブログに上げますね(^^♪

床板は当然無添加無垢材、もしくは天然石か高温焼きタイルを使用します。

では捨て張りは?するの?しないの?と、思いますよね。って言うか捨て張りって何ですか?カナ(;'∀')

一般に普及している床材「フロアリング」は厚さ12㎜合板です。

㈱心笑の床材は15㎜無添加無垢材を標準仕様にしています。15㎜だとしっかりとした厚みがあるので、他業者様によっては捨て張りをされない所もあると思います。

さてさて「捨て張り」は何のためにするのかと言うと、強度不足を補う為や無垢材使用時の湿度による床材の収縮による隙間防止の為に行います。

㈱心笑はこの捨て張りも標準仕様で行います。

一般的には12㎜針葉樹合板を使用しますが、無添加住宅では強度の劣化や身体への配慮で化学接着剤を使用しませんので、合板に代わる素材として弊社は12㎜ケイ酸カルシウム板を使用しています。

ケイ酸カルシウム板は石灰石や珪藻土などから得られ、耐火性・断熱性・吸湿性・強度に優れています。また、ケイ酸カルシウムは健康に害が無く食品添加物として認められている程安心安全素材なのです。

凄いぞ!ケイカル板